学校で保育士を目指そう|やりがいMAXの立派なオシゴト

メンズ

言語のサポート

勉強

言語のサポートを行なう言語聴覚士ですが、国家資格が必要になります。学校に行くことによって短期間で取得を得ることができます。学びやすい方法を選ぶことで知識を見つけられるのです。

もっと詳しく

自宅で勉強できる

笑顔の女性

大学に行く時間やお金がない人でも、通信講座を選ぶことによって自宅で勉強することが可能です。保育士に必要な知識が身に付けられ、短期間で資格を取得することができます。自分に合った通信講座を探してみましょう。

もっと詳しく

実習先を確認する

子供と保育士

子供が好きな人や、子供をサポートする立派なオシゴトに就きたい人は保育士を目指すでしょう。一日の大半を子供と過ごし、排泄から着替えまでのお手伝いをします。大人数の子供がいる場合、しっかりと観察することも必要です。小さな変化にも気が付けるように、視野を広くすることも重要になります。保育士になるためには国家資格を取得する必要がありますが、大学や専門学校、通信講座などから専門知識を得ることが可能です。短期大学や専門学校は2年で資格を取得することができるので、早く現場で働きたい人には良いでしょう。4年制大学の場合、保育士として必要な知識だけではなく、もっと幅広い分野に触れることが可能です。保育士の資格と同時に幼稚園教諭の免許を取得することができます。通信講座では、最低限必要な知識を自宅で習得することが可能で、別業務をしながら資格取得を目指したい人には良いのです。自分のライフスタイルにわせて勉強方法を選べることから、幅広い人が目指すことのできる資格でもあります。多くの人は学校に通って勉強しますが、学校によってもカリキュラムはさまざまで、身に付けられる分野も異なっていくのです。同じ学科や学部でも実習先が違っていたり、就職先が異なっていたりします。保育士として働く前に大切なのが、実習をしっかりと受けることです。実際の現場で職場体験として研修を行なうことができますが、体験するのとしないとでは大きく変わっていきます。学校を選ぶ際は、実習がしっかりと受けられるかを重視して選ぶと良いでしょう。

健康や安全を管理する

勉強する女性

労働者の健康と、会社の安全を守るためにサポートをする衛生管理者ですが、国家資格を取得することが必要になります。受験資格を得るまでには実務経験が必須で、学歴によって年数は異なるので確認しましょう。

もっと詳しく